« September 2008 | Main | February 2009 »

November 25, 2008

NNE春みたいなって書き出したけど

なんか書き出しが引っかかるので昨年のダイアリー
を見てみたら2007年11月30日のコンディションと
全く同じで書こうとしていた頭の中の内容まで同じで
たまに写真でもと構えて、なんか変だとやめた。アングル
まで同じと末期的なマンネリで、きっと写真撮ったら
間違い探しのようになっていたかも、写真の違いは
同じネズミ色のワンボックスが軽ワンボックスに変わり
同じカイトサイズ13が赤いラインが真っ黒になり、
頭だけ白い昨年の鳥海山が中腹まで白いだけ
撮っておけば良かったな。
来週の仙台行きに備えて風邪をひかない様に体調を
整えておきたかったので、さっと40分ほどのセイリング
だったけど、6m前後のサイドの風は信用せずインサイド
のみ乗って正解だった。
着替えを始めた頃にはほとんど無風に近くなってしまった。
サイドの風はカイトサイズ7-9の11mぐらいでブロー抜け
ても6-7mを保つコンディションだと安心なんだろうけど。
定期的に大荒れする日本海はゴミがどっかに流され、セルフ
ランチも気にせずできるし渚も平で雰囲気がいい。
これがほんとにホントの今年最後のセイリングか?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 23, 2008

W多分、今シーズン最後のカイトか?

久しぶりにお昼頃に薄日が差して来たものの
気温高めの時はこの時期まず吹かない。
午後から北西予報をかなりの確率で風を読める
友人から電話で情報も得た事もあり天気に誘わ
れ西浜に向かう。連日の冬型の荒れた海がまだ
治まってない上に、オフっぽい風が吹いていて
危なすぎるし、カーナビのテレビの写りも悪い
気になるJ1昇格の懸かるモンティデイオ戦が
見にくいのだ。待ち合わせた友人と、大浜埋立
に戻りカイトサイズ13で出艇、夏の埋め立てで
できた砂の出っ張りがアンダーコンディション
だととても邪魔。フィンの長いウインドだと
ストレス溜まりそう。水深10センチを通過す
する時はヒヤヒヤする。ブーツ履いているせいか
バックスピンなどのアプローチごとにボードを飛
ばし、顔を付けないボディドラッグで板を拾い
に行くが登りが取れず、水に浸かる時間が増え
冷えて1ラウンドで終了。このゲレンデで回転系
を多くやれるとは結構ラストカイトにしては良か
ったカナ? 12/1から1週間ほど仙台行きで
3/中旬まで、たぶん海遊びはお休みにいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2008

強風の季節11月の連休

月刊の更新になってしまいましたが、吹けば乗るように
してます。最近は風が足りないかオーバーのどちらか
でこの連休(ワタクシは休みではない)が南西よりの
強い風が吹いて気温も11月にしては高めで、11/2は
珍しい南よりのサイドウインドで波付きの湯野浜から
出艇、波もグラッシーとまでもいかないが、かなり整って
走りやすいハズだったが、サイドの強風は侮れない。
カイトなんて大と小の13-9でもあれば平気と強がって
いたが、フロントラインはオーバーセットでクリートの
デパワーベルトも引ききり、何とかカイトを低く保って
いるのだが、波にドロップインしてカイトが揚がってし
まうとコントロールできなくなり、最後は強風の中、低速
で行ったり来たりしているだけになり、強風のままオンショア
になり、早出してたっぷり楽しんだ様子のyamaさんにサポート
してもらい、ランディング、不完全燃焼。
やっぱ冬の遠州灘に行かなくてもカイトサイズ
7台が欲しいな。
自宅の近所オンショアで何とか乗れる大浜に向かう途中に
最上川があり、すでにウインド組が1ラウンド終えて集まっ
ている。濡れて黒光りするウエットの集団は実に異様に見え
て可笑しい。
仲間と一緒に乗りたいところだが、ここはヨット部の出艇場所
でコンクリートで囲まれていてカイトは危ないので大浜に
向かう。ややポートに振れて乗りにくそうだがカイトサイズ9
で出艇できそうなので風下の方からバーをセットしセルフで
ランチング沖のテトラから吹き上げの風を狙いエアー、ピーク
できょろきょろ見渡せる位飛べるが、その風がなくなるあたり
まで行くと急にバー引き直しても急降下してランディング
グルコサミンまとめて飲みたくなるぐらい
膝にくる。
昨日今日も似たようなコンデイションで、今日はgege師匠を
追い抜く勢いのノってるm田さんが現れ彼も最小カイト9の
オーバーでボード流しながらも強風に耐えていた。
これ乗っていると5月の西浜はすんごく楽なのだと言い聞かせ
流したボード拾いにカイト借りて驚いた事にデパワーライン
をパワーロックにセットしてあり数年前のcカイトのハンド
リングになっていた。
ボード拾って乗ったらいきなり暴走して焦ってしまう。
風域も10mは超え軽1ボックスも震えるぐらい吹いている
ので交代でサポートしながら乗る。
怪しい雲もうまくそれて案外薄日もさしたりして
雨に濡れる事もなくラッキーだったね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | February 2009 »